お待たせしたんだZ~っ!告白復活death!!


by miyaza-keane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第672回(from Strawberry Fields)

12/8(Thu)
今日はオイラの心の師匠・John Lennonはん31回目の命日。
(&パールハーバーからちょうど70年)
凶弾に倒れてからもう30年以上経ったんやねぇ~。
もしJohn Lennonはんが生きとったら、偽善のLOVE&PEACEに踊らされて先行き不透明な現在の世の中を見て、どうImagineするんやろか。
毎年12月8日は追悼の意を込めて、朝から晩まで一日中John Lennonはんを聴きながら喪に服すのが恒例となっている小生。

Imagine there's no heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today
やっぱ、めちゃめちゃええわ( ´∀`)
オイラが高校生の頃は、原宿で購入した「Working Class Hero」や「NEW YORK CITY」のTシャツを着て、John Lennonはんの愛と魂の音楽ばかり聴いとったわ。
(そういえばあのTシャツ、いつの間にかなくなっとるわ…)
先日ニュースで見たけど、妻のオノ・ヨーコはんは先日福島の小学校を訪問し、東日本大震災や原発事故で避難している子どもたちを励ましとったね。
ところでオイラ、先日オノ・ヨーコはんに会いに行きましたわ。
(結局会えへんかったけど…。)
向かった先は、当然New York。
b0136765_9595958.jpg
それでは告白開始006.gif

September22。
俺はニューヨークにいた。
b0136765_102964.jpg
朝のセントラール・パーク。
南北4km、東西800mの緑に囲まれたここセントラール・パークは、マンハッタンの喧騒を離れて癒しを体感できる憩いの場。
アスファルトジャングルの都会暮らしは刺激的だけど、緑のない生活は耐えられない。
(…って、標準語で告白するのはもっと耐えられへんわ!!)
b0136765_1073813.jpg
公園の入口にはブロンズのモニュメントが建てられている。
b0136765_10143944.jpg
拡大してみよう。
b0136765_10291326.jpg
早速、ニューヨーカー気分でセントラル・パークの中に潜入ε=ε=ε=┌( ̄∇ ̄)┘
b0136765_1031353.jpg
公園内はこんな感じっすわ(  ̄∇ ̄)σ
b0136765_10333998.jpg
めっちゃ長閑やなぁ~。
多くの市民ランナーが朝からジョギングしてはります。
そして、散策道には野生のリスはんがよおさんおります。
b0136765_10375281.jpg
オイラ、リスに夢中になったのは言うまでもない(;´▽`A``

想像してごらん。
リスと戯れる小生を…。
b0136765_10452635.jpg
辺り一面緑に囲まれた散策道を北へと進み、辿り着いた場所は72th Street001.gif
(めっちゃ歩いた…しんどい…)
72th Streetにあるこの建物、御存知でしょうか???
b0136765_10492180.jpg
そうなんですよ、川崎さん。
(古い…)
ここがあの有名なダコタ・アパートなんです。
かつてジョン・レノンが住んでいた家。
そして今からちょうど31年前の1980年12月8日、建物の玄関前でジョンが凶弾に倒れた場所としても知られている。
b0136765_11202419.jpg
現在もオノ・ヨーコはんはここに住んでいるそうな。
b0136765_11333433.jpg
高校生の頃からずっと行ってみたかったダコタ・アパートを目の当たりにして、まず脳裏に浮かんだ曲がRED WARRIORS「John」。
小生、無意識のうちに口ずさんでいました((( ^ ∀^) ♪♪♪♪♪♪
ニューヨークの夜に銃声が響いて
悲しみのベールが世界中を
You've changed my world

Oh あの頃にもう一度戻れる気がして
Oh can't you see 何もかも忘れない
思い出さ in my heart


mm~っ、今聴いてもめちゃめちゃ名曲やねぇ~ヾ(≧ー≦)ゞ
全然、色褪せへんなぁ~。
高校生の頃、学校帰りに行った西武球場や日本武道館のコンサートを思い出しましたわ。

ここダコタ・アパートでお約束の行為をしたのは言うまでもないわけで…。

The Dakota Apartments with レディア
b0136765_1134063.jpg
オノ・ヨーコはん、スミマセン(>w< )
世界中を旅するコイツ(=レディア)の価値、ますます上がっていくわ!!!
周りの外国人観光客が怪訝な眼差しを向けていたのも告白しておきます。

次にオイラが向かったのは、ダコタ・アパートから歩いて数分のセントラル・パーク内にある小広場「ストロベリー・フィールズ」。
b0136765_11404054.jpg
ここにはジョンを偲んだ「イマジンの碑」がある。
b0136765_11452149.jpg
よおテレビや雑誌で目にするイマジン碑。
平面的な黒と白のモザイク模様が美しくて、もの悲しくて、感傷に浸ってしまう。
b0136765_11473441.jpg
今日も多くの外国人観光客がイマジンの碑を訪れ、ジョンの死を偲んでいる。
内田裕也はおらへんかったっすわ。
ちなみに、イマジン碑の大きさはこんな感じdeathわ(  ̄∇ ̄)σ
b0136765_11503727.jpg
意外と小さいのにビックリやね。
この後、外国人観光客から写真撮って下さい攻めに合い、親切な小生は代わる代わる渡されたデジカメのシャッターを押しまくっていました。

ここで、毎度恒例のお約束第2弾 in New York!!

Strawberry Fields with レディア
b0136765_1159953.jpg
オノ・ヨーコはん、ホンマにスミマセンm(_ _)m
But、ついにJohn Lennonはんとレディアの夢のコラボ実現death (≧∇≦)/
周りの外国人観光客が怪訝な顔をしていたのは言うまでもないわけで…。

オイラがこの地で歌ったのは、やっぱりこの2曲060.gif
「Imagine」と「Strawberry Fields Forever」。
Let me take you down, 'cos I'm going to Strawberry Fields
Nothing is real and nothing to get hungabout
Strawberry Fields forever


「イチゴ畑よ、永遠に!!」

再びダコタ・アパート前029.gif
b0136765_1214376.jpg
最後に、オノ・ヨーコはんに一目お会いできないかめっちゃ怖そうな守衛のおっちゃんに交渉。
b0136765_1217224.jpg
結果はミルコハイキック一閃張りの秒殺(T∇T)
(当たり前田のクラッカーやわ!!)
おっちゃんにお願いして、ダコタ・アパート玄関前で1枚記念撮影しちゃいました(*/∇\*)
b0136765_12184941.jpg
オイラの心の師匠・John Lennonはんに少しだけ近づけたような気がした記念すべき1日。
15歳の時からずっと叶えたかった夢のひとつが、23年経ってようやく実現しました(^-^)
これからもずっと、John Lennonはんの音楽を聴き続けます。

さようなら、また来ますストロベリー・フィールズ・・・・・
b0136765_1241842.jpg
フォーエバーヾ(*´∪`*)
by miyaza-keane | 2011-12-08 12:38 |