お待たせしたんだZ~っ!告白復活death!!


by miyaza-keane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

3/24(Sun)
突然のblog再開宣言したものの、平日は西日本&東京行脚でそれなりに忙しく、週末も浦和レッズ観戦や東京帰省が重なり、なかなか自宅で腰を据えてパソコンに向き合う時間がなかった小生。
(他にも大きな要因があんねんけど、それはいずれ告白……予定。)
今日は朝から何も予定入っとらんので、意を決して嫁さん探し(=婚活パーティー)で心斎橋まで出掛けるつもりやったけど、一身上の都合で断念。
小生、相変わらず独り身death007.gif
40歳になって、日々焦りと諦めを繰り返しております。
且つ、外は花粉とPM2.5と時々黄砂が舞っており、とても外出する気になれん。
今年は花粉症がめっちゃ酷く、左目が花粉にやられて4回戦ボクサー腫れ物状態。
お花見なんて絶対無理。
そんなわけで、本日は1ヶ月ぶりにここ大阪城ホールから告白しchai maxx!!
(冗談。大阪自宅からの拙い告白death。)
まずは先月の“明日なき暴走”淀川寛平マラソンの告白を片付けなあかんね。
花粉舞っとるんで、最近は全然走っとらんけど(´ヘ`;)
それでは早速、Here We Go(  ̄∇ ̄)σ
b0136765_18101375.jpg



2/3(Sun)
≪前回までのあらすじ≫
40歳になった小生は、自分自身への記念として淀川寛平マラソン42.195kmにエントリー。
ロッキー・バルボアを育てたミッキートレーナーの元、日々過酷なトレーニングを繰り返す。
ところがレース直前、酔っぱらって転んで右膝を負傷。
それでも、顎をしゃくらせてA猪木の顔真似をしながら「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」と、弱気な自分に卍固め。
レース出場を断行。
「行くぜっ!42.195kmの向こう側!!!!」と叫びながらスタートしたものの、狭い道中、団子状態の大集団から抜け出せず、このままでは目標のサブフォー(4時間切り)は夢のまた夢。
そこで小生、タンザニアの黒豹“イカンガー”走りにシフトチェンジ。
クリロナの高速ドリブルを彷彿とさせる1km4分半ペースで、サブフォー達成なるか?!
そして、42.195kmの向こう側には一体何が待っているのか?!
Don’t miss it !!
b0136765_18113176.jpg

普段は小鳥の囀りと風の音がはっきり聞き取れるくらい閑散としている淀川河川敷。
But、今日だけは7千人のランナーが河川敷を埋め尽くし、沿道からは温かい声援と拍手と歓声が絶え間なく沸き起こる。
b0136765_18121244.jpg
今回参加した芸人ランナーは、フルマラソン、10kmの部あわせてなんと100人超え。
カンボジア人の猫ひろし、「いい~んです!むむっ!」の博多華丸、先日R-1を獲った三浦マイルド、たむらけんじ、メッセンジャーあいはら、石田靖、吉田ヒロ、モンスターエンジン、スマイル、ケツカッチン、ダイアン、宇都宮まきなど、普段テレビに出とる芸人たちがふつーに走っとる。
まず初めに登場したのが、ガリガリガリクソン。
b0136765_1813880.jpg
あっという間にガリガリガリクソンを置き去りにする小生ε=ε=ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
彼に話しかけたら息を切らしながら言葉を発してくれましたが、すでにバテとるせいか、何と言っているのか全然わかりまへんでした。
b0136765_181359100.jpg
ガリクソンをかわした後も、細長の狭いコースを1km4分半~5分の驚異的なハイペースで一般&芸人ランナーを次々と追い越してゆく。
今振り返ると、デジカメやiPhoneで周りの景色を撮影しながら走っとるので、結構余裕あったと思います。
b0136765_18143873.jpg
次のターゲットはこのお方。
b0136765_18153088.jpg
「シャー!!!」の掛け声だけで笑いが取れる勝俣州和はん。
カッチャンの隣に位置取り、お約束の「シャー!!!」を叫んだら、本人から苦笑されたわけで…。
真剣に走っている中、突然お邪魔して大変失礼しましたm(_ _)m
b0136765_1816692.jpg
他にも芸人ランナーとの交流は多数あったけど、すべて告白していたらいつまでたっても先に進まへんので、割愛します。

さて、今回小生がチャレンジしたマラソンコースは以下の通り(  ̄∇ ̄)σ

淀川寛平マラソンコースマップ

枚方河川公園をスタートして、淀川河川敷を大阪市内方面に南下し、豊里大橋で折り返し。
再び淀川河川敷を京都方面にひたすら北上し、京都と大阪の境にあるお京阪・橋本駅付近で折り返し、枚方河川公園で42.195kmゴール。
b0136765_18173220.jpg
関東の方はピンとこないと思うけど、とんでもなくえらい距離death(≧▼≦;)
過去に出場した東京マラソンや大阪マラソンと決定的に違うのは、やっぱり名所や見どころの無さかな。
東京タワーも雷門も大阪城も通天閣もあらへん。
b0136765_1821152.jpg
当たり前田のクラッカーやけど、淀川河川敷沿いを走るのでスタートからゴールまで一貫して景観が一緒。
これは結構ツライ(>_<)
b0136765_18183580.jpg
逆に有利な点としては、今回のコースが自宅の近所且つ普段トレーニングで走っとる馴染みの場所なので、コースを熟知し距離感が掴めていること。
ここ淀川河川敷にはホンマお世話になりました。
この地でトレーニングを積んだことは、いつの日か東京に帰っても絶対忘れへんやろなぁ。
b0136765_1822219.jpg
さて、レースに戻ろう001.gif
5km、10km、15kmと、1km4分半(推定)ペースを刻む小生。
アイルトン・セナやセバスチャン・ベッテルに匹敵する猛スピードである。
普段のトレーニングでは1km6分~6分半ペースで走っているので、飛ばしすぎ。
10kmを過ぎて、早くもエンドルフィンの分泌によるランナーズハイ状態(((((( *≧∇)ノノノ
b0136765_18195521.jpg
撮影ポイントでは、余裕のポーズをみせながら己をアピールする。
b0136765_18201332.jpg
途中、後続を走る後輩二人とすれ違いざまに言葉とハイタッチを交わす。
当然、小生は前半の折り返し地点を過ぎて京都方面に走っており、後輩は最初の折り返し地点に向かう途中。
だいぶ彼らを引き離したことになる。
b0136765_18352923.jpg

そして中間点(21.1km)。
タイムは1時間51分(=111分)。
最初の2km通過に16分も費やしていたので、イカンガーを彷彿とさせる驚異的な猛ダッシュでタイムを詰めたことになる。
この時点でサブフォー達成間違いなし!!……と思っとったけど、前半の無理なハイペースが祟って、後半は地獄の展開に(><。)。。

中間地点から枚方大橋を超えて再びスタート地点に戻ると、沿道には大勢の観衆やボランティアの方々がランナーを待ち受ける。
b0136765_18434992.jpg
沿道から割れんばかりの拍手と声援とハイタッチを求められ、当然の如く、余裕綽々ですべてのハイタッチに応える小生 (≧∇≦)/
再び「行くぜっ!42.195kmの向こう側!!!!」と叫びながら、野良犬より早い野人岡野ダッシュ開始ε=ε=ε=ε=ε=( *≧∇)ノノノ
b0136765_195276.jpg
すると25km地点で急にスタミナ切れ&激しい腹痛&ムーンサルトプレスのしすぎで爆弾を抱えていた右膝に痛みを感じ、一気にスローダウン(>w< )
追い打ちをかけるように、京都方面から吹き付ける強烈な向かい風にも体力を奪われ苦しめられる。
小生、走るのをやめて、肩で息をしながらトボトボと歩き出す。
ガクガク震える膝、昨夜からの食べ過ぎで急に痛み出したお腹。
アミノバイタル顆粒を補給しながら、仮設トイレまで必死こいて歩き続ける。
そして行列のできる仮設トイレに並び、ウンコ休憩(ノд` )
ピッチピチのタイトなサポートギア(イチロー仕様CW-Xタイツ)穿いとるので、タイツ脱ぐのにひと苦労。
右膝が悲鳴をあげているので、ボットン便所でしゃがむのもひと苦労。
トイレットペーパーなかったらどないしよ思っとったけど、無事ありました(^-^)
ボランティアの皆様、補充ありがとうございます。

仮設トイレで10分タイムロスしたけど、ウンコ出したらHP(ヒットポイント)回復066.gif
ここでとっておきの秘策、iPod Suuffle登場。
イヤフォンを身に着け、事前にダウンロードしておいたランニング向けの曲を聴きながら残り17.1kmに挑む。
メタリカ、グリーンデイ、セックスピストルズ、フーファイターズ、ブルーススプリングスティーン、コールドプレイ、サバイバー、ロッキーのテーマ、ももクロなどを聴きながら、42.195kmの向こう側を目指す。
レース中、特に胸に響いた曲はこれ。
Robbie Williams「Angels」。
小生、この曲を何度も繰り返し聴きながら、自分の世界に浸っていたわけで…。
b0136765_19372555.jpg
それと、やっぱりColdplay「Fix You」も外せない。
沿道の声援とiPod Shuffleから流れてくる曲に勇気づけられ、再び戦列復帰した小生。
レース終盤、第2折り返し地点(橋本駅付近)である33kmを過ぎたあたりから再び右膝が激しく痛み出し、空腹に襲われ、ふらふらになり、足が止まりそうになったけど、Never Surrender精神で歩を進める。
ここで立ち止まったらもう戦列復帰でけへんとわかっていたので、意地と根性と“何苦楚魂(なにくそだましい)”だけで走り続ける。
すると不思議なことに、37km過ぎたあたりから神が降臨し、本日2度目のランナーズハイ状態ヾ(☆▽☆)
あと5kmでこの「終わりなき旅」が終わってしまうことを残念に思いながら、残り5kmを楽しみながら走る C= C= C= C=┌(;・へ・)┘
残り4km、iPodから流れてきた曲はU2「Where the streets have no name」。
「絶妙のタイミングやなぁ~!」と自分自身の選曲に感心するヾ(≧∀≦)〃
(この感覚がわかる方は私と相性合います。)
ボノのおかげで再び1km4分半(推定)ペースになったのは言うまでもない。
I want to run
I want to hide
I want to tear down the walls
That hold me inside
I want to reach out
And touch the flame
Where the streets have no name


残り2kmで他のランナーを次々と置き去りにして、いよいよゴール地点・枚方河川公園へ。
b0136765_20282252.jpg
40歳のおっさんが最後の力を振り絞り、猛然と駆け抜ける。
残り700m。(推定)
僕の40年間の人生で、もっとも速く駆け抜けた時間帯と言っても過言ではない。

Finished!!!

I did it!!!
b0136765_20363054.jpg
フィニッシュタイムは、3時間41分57秒。

目標の「①7時間以内完走→②できればサブフォー達成」を上回る予想外の高タイム。
フルマラソン自己記録を大幅に更新\(>▽<)/
5年前にチャレンジした東京マラソンから、53分もタイムを縮めました。
そして、30代の自分(の記録)に勝利v(^▽^v)♪
b0136765_2125484.jpg



さて、42.195kmの向こう側に見えたものは一体何か・・・・。


それは、自分の胸の中にしまっておきます。
ここでは告白しましぇん(*/∇\*)
b0136765_2042066.jpg
おしまい。
by miyaza-keane | 2013-03-24 18:09 | ランニング